コラム

テック大洋工業

耐候性鋼材は、特定の環境条件下で自然に保護錆層を形成し、長期間にわたって耐腐食性能を維持できる特殊な鋼材です。そのため、通常の鋼材と異なり、塗装が不要と思われがちですが、実際には適切な塗装が必要な場合があります。

この記事では、耐候性鋼材の塗装の必要性について詳しく解説し、おすすめの塗装技術についてもご紹介します。

適切な塗装により、耐候性鋼材の寿命をさらに延ばし、腐食から守ることができるでしょう。

 

耐候性鋼材の特徴

炭素鋼に銅(Cu)、リン(P)、クロム(Cr)などの合金元素を少量添加して作られる耐候性鋼材。それらの合金元素の作用により、耐候性鋼材は優れた耐腐食性を持ち、大気中に暴露されると表面に緻密で安定した保護錆層が形成されます。

その錆層が内部の鋼材を腐食から守り、長期間にわたり腐食速度を低減させます。その特性により、通常の鋼材に比べてライフサイクルコストの削減が可能です。

耐候性鋼材は施設の長寿命化を可能としコストメリットがあることから、橋梁や建築物、鉄道関連などの屋外構造物に適しています。また、一般的な炭素鋼に比べて高い強度を持ち、構造物の設計においてより薄い断面を使用することが可能となり、材料の節約にもつながります。

耐候性鋼材の錆の色合いは独特で、美観を重視した設計にも活用されることが多く、景観との調和を図るために、建築物や公共施設などでも多く採用されています。これらの特徴により、耐候性鋼材はさまざまな分野で広く使用されていますが、特定の環境条件下では適切な塗装やメンテナンスが必要となります。

 

耐候性鋼材の塗装の必要性

耐候性鋼材の塗装の必要性

基本的にはメンテナンスフリーの耐候性鋼材ですが、塗装が必要なケースもあります。それは「異常浸食が発生している場合」と「景観を考慮する必要がある場合」です。

 

異常腐食が懸念される場合や発生している場合

特定の環境条件下では異常腐食が発生することがあります。例えば、飛来塩分が多い地域や、湿潤環境が長時間続く場所では、期待された保護錆層がうまく形成されず、鋼材が著しく腐食してしまうことがあります。こうした異常腐食が発生すると、構造物の耐久性が低下し、安全性に問題が生じる可能性があります。

異常腐食が発生した場合には、耐候性鋼材であっても塗装による補修が必要です。塗装を施すことで、鋼材表面を保護し、腐食の進行を抑制することができます。塩分や湿気が多い環境では、あらかじめ適切な塗装を行って耐久性を向上させる必要があります。

 

景観を考慮する必要がある場合

耐候性鋼材の塗装は、異常腐食の防止だけでなく、景観を考慮する場合にも必要です。耐候性鋼材は、時間が経つにつれて表面に保護錆層が形成され、それが腐食を防ぐ役割を果たします。しかし、その安定錆が生成されるまでには数年から数十年かかり、その間、さび汁の発生や表面まだらな錆が発生する可能性があります。その錆の発生は、景観に大きな影響を与える可能性があるのです。

特に都市部や観光地、公共施設などでは、美観が重要視され、さびによる見た目の変化はさびを意匠として見せる場合以外ではまるで劣化しているかのように捉えられる事があるので、外観を保つために塗装を施すことがあります。

塗装を施すことで、耐候性鋼材の錆の発生を抑え、安定錆が形成されるまでの間も美観を維持することができます。さらに、塗装によって様々な色や仕上げを選択することができ、デザインの自由度も高まります。それにより、周囲の環境や建築物との調和を図りながら、景観に配慮した美しい外観を保つことができます。

 

耐候性鋼材の塗装なら「ウェザリングプロ」

耐候性鋼材の塗装なら「ウェザリングプロ」

耐候性鋼材の塗装においては、テック大洋工業が誇る「ウェザリングプロ」がおすすめです。耐候性鋼材用のウェザリングプロを用いれば、錆安定化機能を持ちながら美しい景観を維持することが可能です。

ウェザリングプロは「環境基本法」の要求を満たし、鉛やクロムなどの有害重金属類を含まないため、安心して活用することができます。

また現場での補修でも軽微な素地調整で速やかに塗装工程へ進むことが可能です。現場補修でも工場内での施工と同等の「不動態化」や「保護層化」を実現します。

さらに、ウェザリングプロは速乾性に優れており、刷毛塗り、ローラ塗り、エアーレス塗装などさまざまな作業方法に対応できます。これにより、作業時間の短縮が可能で、効率的な施工を実現します。

ウェザリングプロの詳細はこちら

 

耐候性鋼材の塗装を検討しているなら

耐候性鋼材の塗装を検討しているなら

ここまで、耐候性鋼材の特徴や塗装の必要性について解説しました。耐候性鋼材は、錆の進行を抑制する特性を持つ一方で、環境や使用条件によって異常腐食が発生する場合があり、その場合には塗装による補修が必要です。また安定錆が生成されるまでの景観維持のために塗装をすることもあります。

耐候性鋼材の塗装においては「ウェザリングプロ」がおすすめです。環境に優しく高機能な塗装技術でさまざまな都市景観のニーズに対応可能です。

興味がございましたらぜひ詳細をご覧いただき、ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

>>景観テクノロジーのテック大洋工業の詳細はこちら